手入れの際の注意

水が滴る

手入れの際に注意すべきこと

トイレなどをお手入れする際にはいくつか注意しなければいけない点が存在します。トイレのトラブルとして多いのが水漏れやトイレつまりなどですが、これらの原因とされているのがパッキンなどの老朽化によるものが多いです。

しかしながらタンク内の部品などは薬品などですぐに傷んでしまいます。タンクや蓋の部分を掃除する際には酸性やアルカリ性の洗剤や芳香剤入りの洗浄液を使ってはいけません。
古くなくてもタンク内のパッキン部分などを傷めつけてしまいますので水漏れの原因になってしまう可能性があります。

業者を利用する

水滴

修理依頼から終了までの流れ

トイレつまりや水漏れなどのトラブルが合った場合は基本的に業者に修理してもらうことが重要です。

電話で連絡

まずは専門の業者に電話で連絡します。中には24時間受付の業者もありますので夜中に発覚したとしてもあんしんして修理をしてもらうことができます。

到着

専門の業者が到着したら現状を伝えることが重要です。

見積もり

業者がトイレの状況を把握して、修理料金の見積もりを行います。その金額に納得できれば修理が開始されます。

作業終了

修理作業が終了したら見積もりの金額を業者に支払って終了です。

考えられる原因

トイレットペーパー

トラブルの原因とは

水漏れやトイレつまりなどのトラブルが多いのですが、トイレの水漏れなどを起こしてしまいますと下の階まで影響を与えてしまうので、大きなトラブルになりやすいです。

このトイレの水漏れなどの原因は古くなってしまったことによる劣化が原因とされています。それぞれの部分で使われているパッキンが古くなっていたり、ネジが緩んでいたりすることで水漏れの原因になってしまいます。
特にトラブルが多い部分がトイレタンクですが、これは水をたくさん貯めこむ場所ですのでタンクの位置が少しずれていたり結合部分に不具合が生じたりすることがあります。

被害を最小限に抑えるには

水漏れなどの場合は水が漏れだしてしまいますと大変ですので、水漏れだと感じた場合はすぐに元栓を閉めることが重要です。元栓を閉めてしまえばそれ以上水が漏れだしてしまうことがありませんので被害を最小限に食い止めることができます。

ウォシュレットのトラブル

布で拭き取る

便利なウォシュレットのトラブル

トイレつまりや水漏れなどの様々なトラブルがあるのですが、ウォシュレットにも水漏れなどのトラブルが存在します。ウォシュレットは近年の商品にはシンプルな仕組みのものが多く、手入れが簡単になっています。このウォシュレットでも水漏れが発生してしまう可能性があります。

ウォシュレットの場合は電化製品ですのでムリに直そうとするのではなく、専門の業者に直してもらうことが重要です。